代表メッセージMESSAGE

弊社はトヨタグループの考えの根底にある「豊田綱領」の一部をいただいた「社是」を礎に、80年以上にわたり社業を発展させてまいりました。1937年に創業。1947年に株式会社豊田自動織機との取引を開始して以来、フォークリフト部品と油圧シリンダーの専門メーカーとして、様々な部品・製品を製作しております。

現在、自動車業界では電動化、自動運転など100年に一度という大変革期にあり、当然私どもの属する産業機械分野でもその影響を免れることはできません。弊社は社是の三つの言葉を基点に持続的に成長していくために、サプライヤーとしての自覚をいっそう高め、より高度化した製品や部品づくりをめざし技術開発を進めています。その一環としてロボティクス分野とAI分野を融合させた「画像検査装置」の製品化は、新しい事業領域への挑戦といえるものです。

半田重工業がめざしているのは、世界中から人、物、情報が集まるグローバルな企業です。国に例えるならルクセンブルグ、スイス、シンガポールのような国家です。弊社では、既に多国籍の社員が活躍しています。同時に、大学など外部の研究機関と共同プロジェクトを実施し高度な知識の集積も進めております。

モノづくりにおいては、今後市場の拡大は期待できず変化に対応した企業経営が求められています。加えて、付加価値の低い仕事による低賃金化、少子高齢化による労働力不足、デジタル化への遅れなど、わが国が課題先進国と言われる以上に我々は課題先進会社です。
中小企業ではこうした課題は特に顕著であり、どのようにソリューション=解決していくかが事業継続の大きな要件です。弊社では部品製造という事業の中核にプラスして、自社が悩み苦しんだ問題をIoTやICTなどを活用して解決した、いろいろなノウハウ、システム、機器を安価に提供する新事業をスタートさせました。 中小企業が真の競争力を身につけ、これからも成長できる基盤構築の一つとしてご利用いただければと思います。

代表取締役社長 新美 喜久子

社 是COMPANY MOTTO

  • 信 義

    誠実に仕事に向き合い、
    最後の最後までつとめを果たすこと。

  • 進 取

    常に新しい物事に挑み続けること。

  • 親 愛

    社会の一員として共に悩み、
    共に考え、共に現状を打開すること。

経営理念PHILOSOPHY

  • 品質第一

    安全で優れた品質の商品を提供する

  • 顧客優先

    お客さまに満足していただける製品を提供する

  • 技術革新

    時流に先んずる研究と新たな価値の創造に努める

  • 全員参加

    一人ひとりの人間性を尊重し、
    目標に向かって力を合わせます